azami.work

きしべのあざみの趣味

秋の星座④ケフェウス座

ケフェウスは古代エチオピア王です。北の空の周極星で、北極星の周りを巡っているので、1年を通して見られます。暗い星で構成されています。五角形は、子供の頃、ロケットの形として見上げていました。トレミー48星座に含まれています。カシオペア座白鳥座に挟まれたところに位置します。神話はとてもよくできています。カシオペアケフェウス座の奥さんです。神話を知ると、本当に夜空に物語が展開されているのです。

f:id:azamibrog:20210123092258j:image

星を見上げていると、夜空は賑やかで、楽しいです。しばらく見上げて、目がなれてくると、ひとつひとつの星に目がいきます。すると、あれほど賑やかに物語をしていた星たちが、個々の星になり、その距離や大きさと、宇宙の壮大さに圧倒されて、果てしない孤独に襲われることがあります。

 

夜明けが猛烈に嬉しくなるのです。宇宙を見上げて、己の小ささを知るってことでしょうか。

ケフェウス座のα星はアルデミランで、やがては北極星になることを運命づけられています。

 

おそらく、3.000年後は、世界で1番見上げられる星になります。頭に所に位置しているδ星は変光星です。この星は天文学上重要な星で、星の膨張、収縮により光りが変わります。脈動変光星です。この性質を利用して、宇宙の星々の位置を測ります。

 

ケフェウス座の神話】

アンドロメダの父親であり、カシオペアの夫であるケフェウスは、エチオピアの王様でした。娘のアンドロメダを海神ポセイドンの生贄に捧げなければならない、辛い選択をしますが、幸い娘はペルセウスによって救われます。このように、ケフェウスは神話にたくさん出番があります。見上げる機会も増えますね。

 

ケフェウス座の星雲、星団】

天の川の中にあっても、メシエ天体はありません。NGC散開星団、惑星状星雲、散光星雲など、たくさんの星雲、星団が観られます。

 

秋の星座③カシオペヤ座

f:id:azamibrog:20210120165234j:image

カシオペア座北極星の近くにあり、1年を通して見られます。wの形をした星座で、皆さんによく知られていますね。王様がケフェウス座、女王はアンドロメダ姫です。女自慢が過ぎたため神々の怒りをかい、1年中椅子に縛られて天を巡ってています。

 

【カシオペヤ座の星雲と星団】

カシオペア座は天の川の中に位置しているので、星雲、星団がたくさん見られます。代表的なものとしては、M103の散開星団があります。まばらな星団ですが、美しいです。暗い空ですが、望遠鏡で眺めると、このあたりには二重星や370個もの変光星があります。まるで宝石箱のような華やかさです。

f:id:azamibrog:20210120165245j:image

カシオペア座の神話】

古代エチオピアの王家にまつわる神話のひとつです。アフリカのエチオピアとは別の国です。シリアやエチオピアのあたりに位置していた国で、ギリシャ神話にはよく登場します。

 

カシオペアは美しい女王でしたが、娘の美しさの自慢が過ぎてポセイドンの怒りをかってしまいます。椅子に縛られた姿のまま天に上げられました。

 

アメリカ大統領

トランプ大統領は負けた。それは事実であるが、まだやり残した仕事がある。日本と約束した北朝鮮の問題だ。安倍首相も辞任して、トランプ大統領からバイデン氏になった。

 

もう後がないと、頑張ってきた遺族会の人たちはどれだけ落胆しただろう。世界情勢は刻々と変わる。歴史の闇にまた葬られてしまうのか。

 

バイデン氏は中国寄りだと報道されている。わたしはただの一般市民、政治のことはよく分からない。だけど、横田早紀江さんは、トランプ大統領に掛けていた。今更ながらに、トランプ氏の大統領継続を祈ります。

 

世界的の一大事に、個人の願いを託します。

だってほんの小市民が自分の思いを託しても良いのではないか。強いリーダーを求めています。

 

バイデン氏は確かに紳士的ではあります。でも線が弱い。アメリカ民衆がバイデン氏を選んでいるとしても、約束があります。

 

香港、台湾を置いて去らないで下さい。

バイデン氏が彼に変われるとは思えない。だけど、もしバイデン氏になったら、私はバイデン氏を頼るようにならざるを得ない。

 

仕方がないことだ。

3月4日まではトランプ氏に思いを寄せる。

秋の星座②おひつじ座

f:id:azamibrog:20210117151445j:image

夜の平原に佇む金色の毛の羊の姿です。星座としては王道12星座のひとつですが、秋の夜空では目立たない星座です。さんかく座とくじら座の下に位置します。トレミーの星座のひとつでもあります。

 

おうし座の西側の三角形を見つけても、探せます。α星は2等星の美しい赤い星です。おひつじ座に位置するティーガーデン星が話題になったことは、まだ記憶に新しいと思います。太陽系からは12.5光年の距離にある、赤色矮星にふたつの惑星が確認されています。まず恒星は2003年にNASAのチームが発見しました。太陽から3番目に近い恒星系です。惑星は2019年に発見されています。フレアが観測されていない恒星で、惑星には濃い大気と、ひとつの惑星には水が存在することが期待されています。地球の条件にかなり近いと期待されています。

 

【おひつじ座の神話】

ヘルメスがゼウスから預かった黄金の毛の羊です。空を飛ぶことができ、人の言葉を話せます。テッサリア王の息子アマタスの2人の子供を継母の元から逃すときに使われた羊です。途中妹のヘレは羊の背中から落ちて死んでしまいますが、兄のプリクソスは

コルキスにたどり着きます。その後王女を妃にして幸せに暮らしました。この羊の毛皮を刈り取るために、アルゴ遠征隊の冒険の話があります。隊長はイアソンで、プリクソスの孫とされています。

りゅう座のりゅうはこの羊の毛皮を守る役目だったそうです。

子供の頃はギリシャ神話もよく読んでいましたが、日本の神話同様に関係性が難しくて、何回もページを戻らなければならず、苦労して読んでいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

秋の星座①アンドロメダ座

f:id:azamibrog:20210115175625j:image

アンドロメダは古代のエチオピア女王です。両手を鎖に繋がれています。秋の夜空は賑やかです。神話の神々のざわめきが聞こえてくる気がします。

秋の空を見上げると四角を作る星が目につきます。秋の四辺形と呼ばれています。ペガスス座の胴体の部分で、ひとつが隣のアンドロメダ座のアルファラッツです

 

アンドロメダ座にはM31の渦巻き銀河があります。肉眼で観測可能な銀河で、伴銀河が2つあります。M32とM110です。やがてはこの銀河と合体し、私たちの銀河とも合体してしまうようです。はるか未来のことですね。

 

宇宙はもうスピードで動いていると言われていますが、いくら夜空を見上げても、その証拠は見つけられません。

f:id:azamibrog:20210115175632j:image

アンドロメダ座のβ星からカシオペア座に向かって、

視線を移動します。ぼんやりとした光が見えますか。はなから諦めている私は低倍率の双眼鏡を向けます。β星はミラクという赤色巨星です。

 

星座の名前もたくさん覚えて、夜空も賑やかになってきました。このあたりの星座は神話から覚えるのが早いかもしれません。

 

アンドロメダ座の神話】

 

アンドロメダは古代エチオピアの王女で、母親はカシオペア、父はケフェウスです。母は美しい娘が自慢でした。ところが海の怪物ディアマイトの生贄として、海岸の岩に繋がれてしまいました。メドゥサの首狩りの帰りに通り掛かったペルセウスが怪物を退治して救い出されました。