https://ping.blogmura.com/xmlrpc/m24pzgbcdyu6/

azami.work

きしべのあざみの趣味

大山信仰 神奈川県

f:id:azamibrog:20210614083542j:image

大山山頂からの風景


大山阿夫利神社

神奈川県伊勢原市

祭神 大山祇大神、大雷神

高オカミノカミ

 

大山は縄文土器の時代から山岳信仰の対象とされていたようです。祭祀の道具などが発掘されています。あめふり山とも呼ばれて、雨乞いが行われていました。

 


創建は崇神天皇の御代とあります。

天平勝宝4年に大山寺が神宮寺として建立され不動明王が祀られました。以後は神仏習合の時代が続きます。江戸時代に大山講が組織され、修験道に混じり庶民も参拝するようになりました。大山祇大神は、富士山に鎮まるとされる木花咲耶姫の父であるため、大山と富士山の「両詣り」も盛んとなりました。

 


江戸時代に、「石尊大権現・大山寺」の名称は使われなくなり、旧来の「阿夫利神社」に再び改称された。その後、大山寺はかつての女坂途中に場所を移して再建されました。

 


山岳信仰としての大山】

 


一度は火災消失の後、884年に安然が再興し、天台宗系の修験の場として栄えていきました。戦国時代、大山における修験道天台宗・本山派玉瀧坊の傘下とされ、天正18年に徳川家康に与する軍勢が小田原を攻略した際には、大山の修験道の勢力は北条氏に与して、激しい戦いになりました。

 


江戸時代に入り、徳川家康は、大山の修験道の勢力を全て下山させました。山内の居住は清僧(学僧)のみで25口に限定して許可することとし、さらに大山寺を天台宗から古義真言宗へと改宗させ、初代学頭に成事智院の住持であった実雄法師(古義真言宗)を任命し、定住させました。そのうえで、慶長13年には御朱印地等を寄進するなどし、経済的な援助関係を強めます。特に徳川家光は、大山寺の「寛永の大修理」の際に、造営費として1万両を与え、落成の祝賀等に春日局を代参として二度参詣させています。

f:id:azamibrog:20210614084138j:image


下山させられた修験道の信者たちは、大山の麓に居住し、御師として、布教活動を行うとともに、宿坊や土産物屋の経営をするなどし、その結果、大山門前町ができます。

御師たちの活動により、江戸の庶民にとっては、大山詣と江ノ島詣のセットが娯楽の一つとなったり、大山講の総講数は15700であり、総檀家数は約70万軒との記載されています。

 


講というのは、成り立ちによっても意味合いが違うのですね。ちょっとした慰安旅行のついでにお詣りをするのが、諸民の間で流行っていたようです。

 


明治維新以後、明治元年神仏分離令と、それに伴う廃仏毀釈の運動により、大山寺は取り壊しとなり、その跡に阿夫利神社の下社が建立さ、明治18年大山寺は現在地(来迎院の跡地)に明王院として再建されました。大正4年観音寺と合併し、再び「大山寺」を称することとなりました。

 

大山阿夫利神社は前シリーズの神社紹介ページにもあります。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ
にほんブログ村

 

山岳信仰 日光信仰

山岳信仰 日光信仰

f:id:azamibrog:20210610092057j:image


日光を開いたのは勝道上人で、それより神仏習合の時代が続きます。高い山には神仏が宿るという山岳信仰の聖地として日光の名が知られいきました。男体山は父神で、大己貴命で、千手観音でもあります。女峰山は母神、田心姫命阿弥陀如来です。子神は太郎山で、味耜高彦根命馬頭観音です。神仏習合により多くの寺が習合されたことは、日光の歴史に欠かせない事実で苦難の時代です。

神仏習合は大雑把に行われ、それにより、神社仏閣の正しい史実は失われ、または変更されました。

 

鎌倉時代にはニ荒と日光が併用されていました。日光東照宮が創建されると、ニ荒神社も崇敬されるようになり、1619年に本殿が再建されました。

 


山岳信仰としての日光】


「登拝講社」は男体山の信仰団体で、関東一円に50講あるとされています。真夏に登拝講社拝があり、期間中には最近でも三万人を越す人出だったようです。

輪王寺東照宮二荒山神社の境内は日光山内として、日光の社寺世界遺産に登録されています。

山岳仏教は主に天台宗真言宗山岳仏教は仏教とは異なる独自の宗教で、修験道とも言います。


二荒山神社

祭神 二荒山大神田心姫命味耜高彦根命

神体 日光三山

 


拝殿の左側に山霊宮があります。山霊宮とは、男体山を中心に日光連山八峰に篤い信仰を捧げた、功績の優れ徳行のあった人々の御霊をお祀りしたお宮です。

 


日光二荒山神社中宮祠〉

奥宮創建後の2年後(784年)に「中禅寺」とともに創建された古社名刹です。もともとは中禅寺と神仏習合していましたが、明治時代の神仏分離令により独立しています。

 


日光修験


日光修験は、明治期の断絶を乗り越えて現在も受け継がれています。日光三山(男体山、女峰山、太郎山)を神体とする信仰形態は鎌倉期に確立、日光の山々を巡る四季の修行路が設定されました。また、三峰五禅頂(さんぶごぜんじょう)」も設定されています。勝道上人の足跡をたどって修行精神を学ぼうとする「冬峰」春の華供峰山中の神仏を巡拝する秋の「五禅頂」、そして最も過酷な「夏峰」があります。

 日光修験は、豊臣秀吉の時代に衰退。江戸期に今の二社一寺の年中行事に組み込まれ再興しています。修行性は重視されなくなり、1868年の神仏分離令、72年の修験禁止令もあって、ついに途絶えてしまいます。復活に尽力したのは日光山興雲律院の中川光熹住職、同院は1964年以来、簡略版の華供峰を毎年行ってきました。85年から鹿沼市の山王院も峰行を再現、一般参加も毎年受け入れており、最近では、宇都宮市多気不動尊の青年僧らが五禅頂を実践しています。

 

山岳信仰について勉強過程】

修験道とは、修行する人の信仰なのか、修行する山道なのか、今ひとつわかりません。それだけ無知な私がコツコツとなにかを知ろうとしている過程です。山岳信仰は日本に根付いて、これまで続いています。山伏もいます。しかしまったく縁遠いところで暮らしていたので、何も知らない。知ったからって何をしたいわけでもない。

日本の神様について、知らないより、知っておいたらなにか開けるような気がするの。

参拝のしかたも変わって来たし、ただ散歩するよりもずっと楽しい。神様の家系図がなんとなく見えてきました。ついでに、山に棲む神様も知りたいと思いついたけど、きっと知りたい事とはずれています。もう少しわかれば、知りたいことを理解できるように思います。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ
にほんブログ村

山岳信仰 麓山信仰(ハヤマ)


麓山信仰(ハヤマ)

奥羽地方に多く伝わる信仰で、麓山、葉山、端山などの字が当てられています。本来の山に対する信仰のほかに、仏山と呼ばれ、祖霊信仰とも捉えられています。

f:id:azamibrog:20210607113416j:image

麓山神社

 

 


麓山神社


郡山市猪苗代町の堺付近に位置する麓山は古くから信仰の対象となり、猪苗代湖周辺には麓山神社を号する神社が複数鎮座しています。


〈主な麓山神社


福島県双葉郡富岡町

祭神 大山祇神


福島県猪苗代


静岡県静岡市葵区

静岡浅間神社の境内

祭神 静岡浅間神社主祭神木之花咲耶姫命の御父神である大山祇命、配祀として日本武尊を祀っています。

浅間神社よりまえの創建とされていますが、創建年は不明です。


福島県双葉郡富岡町

富岡町麓山神社の火祭りは、神社の記録が江戸時代に焼失してしまったために起源が不明となっています。

 

福島県内に広く伝わる「ハヤマ信仰」の典型例として、また、県内でも大松明に火を燈すことに特色ある神事として福島県の指定重要文化財に指定されています。歴史は350年以上、白足袋に鉢巻、上半身裸で鉢巻き姿の若者 約50人が、御神火(ごしんび)を受けた30~40kgの松明を担いで本殿の前に勢揃 い。燃え盛る松明からの火の粉を降り落としながら、「千燈(せんどう)、万燈(まんど う)」の掛け声とともに一斉に真っ暗な山道をかけ登り、麓山山頂(標高230m)にある 奥之院をめざし五穀豊穣・家内安全を祈願する祭です。


福島県二本松市

羽山は標高897.1mの昔から信仰のあった円錐形の山です。春には山ツツジレンゲツツジ、スズランが参道から頂上にかけて咲き誇り、訪れる登山客の目を楽しませてくれます。

羽山のふもとは『羽山りんご』の生産地のため、春にはリンゴの白い花が一斉に咲き高原らしさを醸し出しています。

 


【麓山信仰と修験道

 


青木山 麓山神社

福島県福島市飯野町青木小手神森


古代日本の中心であった奈良盆地でいえば、南東部に位置する三輪山二上山などは、「奥山や深山に対していう」端山・麓山にあたります。

東北地方南部には、人里近い低山。端近い小山に葉山神社(葉山社)・羽山神社(羽山社)・麓山神社(麓山社)を祀っているところが多くあります。


平成16年7月1日、大峯山熊野三山高野山の三つの霊場と、大峯奥駆道・熊野古道高野山町石道の三つの参詣道が、「紀伊山地の霊場と参詣道」として、ユネスコ世界遺産に登録されました。修験道は、日本古来の、そして現代にも息づく宗教であり、日本文化の一端を担う存在でもあるのです。

 

【あざみの趣味】

f:id:azamibrog:20210607113800p:image
f:id:azamibrog:20210607113746p:image

今週は下がり飾りを作りました。

ビーズを使い、スダレに吊るせば、夏でも飾れます。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ
にほんブログ村

 

 

出羽三山

出羽三山

f:id:azamibrog:20210601141230j:image

出羽三山神社


出羽三山は、山形県村山地方庄内地方に広がる月山・羽黒山湯殿山の総称です。

それぞれの山を巡るのが正式な参拝コースになっています。

 


出羽三山神社五重塔⇨爺杉⇨月山神社湯殿山神社

 

 

 

羽黒山五重塔

f:id:azamibrog:20210601141333j:image

随神門は出羽三山の玄関口で、ここから山頂まで杉並木が続きます。歩くと、東北地方最古の五重塔が見えてきます。平将門の創建とされ、国宝に指定されています。五重塔の左手には樹齢1000年を越す爺杉があります。

夏には涼やかにライトアップされています。特別天然記念物に指定されている立派な杉です。

 


一般の参拝方法と修験道は異なります。

 


一般の参拝者のルートは指定され、整備されています。 

 


こちらから、出羽神社三神合祭殿を巡ります。ここには月山、羽黒山湯殿山が祀られているので、ここだけで三山巡りを済ますことができます。

 


【月山】

山頂の月山神社には月読命が祀られています。ここから庄内平野や、鳥海山、朝日飯豊連峰、岩木山、八幡平が望めます。山頂までの登山は無理なら、原田原神社を巡ります。8合目に奇稲田姫を祀っていて、山頂の本宮参拝同様の御利益があるとされています。月山の神使いの兎はなで兎といい、悪運から逃れる力があるそうです。

 

 

 

湯殿山神社

 


"湯殿山は月山や羽黒山で修業を積んだ山伏が最後に修行に入る山。昔から「語るなかれ」「聞くなかれ」と口外することは固く禁じられてきました。現在でも、湯殿山神社本宮は、写真撮影禁止、参拝は土足厳禁という厳しい戒めで知られています"

 


住所 山形県鶴岡市田麦俣

祭神 大山祇神大己貴神、少彦命

奥の御滝神社は修験者が多く滝行をします。

 


【山羽黒修験道の擬似再生とは】

 


羽黒山 現在

月山 過去

湯殿山 未来とする考え方。

 


日本で発生し成立した山の宗教が山岳信仰です。神霊の宿る山岳を行場とし、自然崇拝を根幹とする呪術的な日本固有の信仰 (古神道)です。

 


ありのままの自然を究極の仏の世界と捉え、山の大自然の中に身を投じ自然と一体化する(密教)という世界観によって体系づけ、全てに仏性がある(法華経)という自覚と、往生思想(浄土教)を融合し、呪術(陰陽道)を用い、神仙術(道教)を駆使することによって、除災・招福・治病・延寿の呪禁力を発揮する宗教とされています。修験者の目的は即身成仏(そくしんじょうぶつ)することで、この身このまま現世において悟りを開き、生きとし生けるもののために救いの手をさしのべられる人間になることです。

 


出羽三山は、飛鳥時代崇峻天皇の皇子である蜂子皇子が京都から日本海を越えて八乙女浦に辿り着きました。三本足の霊鳥に導かれて羽黒山を訪れ、難行苦行に末に「羽黒山大権現」が感応示現し、その後、月山、湯殿山を開きになられたことが始まりだとされています。平安時代には「神仏習合」の影響を受けて仏教寺院が数多く建てられ一大霊場として知られるようになりました。明治時代以降からは神仏別離され、現在は神道として信仰が続いています。

 


羽黒山修験道の大きな特徴は「三関三度」や「擬死再生」を体験するという考え方があります。三山を巡る修行を通して一度死に生まれ変わることを疑似体験するのです。

 


以下新版出羽三山修験道の研究より

 


"

神仏は虚空と同体だから一定の住所はなく、衆生の中心に住んで影の形に従うように常に離れない。しかも、信仰を持たないものにはその姿は見えず、加護も得られないが、信ずる心さえあれば、それぞれの願いに応じて利益を与え給う。それゆえ、神は変幻自在の力をそなえている。しかし、居ながらにして拝するよりも、神々の本来の住所に参上する方が礼儀にもかない、利益も多い''

 


開祖である能除仙は第32代崇峻天皇の皇子で、大峰修験や熊野修験が開祖と仰ぐ役行者(7・8世紀頃の呪術者)より時代が早く、身分も貴い方です。また修験道の最高の法儀である柴燈護摩は、開祖が役行者に授けたものであるという伝承から、羽黒山こそ修験道の根本であるとして「古修験道」と称されています。

 


まず、羽黒では修験者と山伏、法印が一緒である。

修験者の3つの分類

清僧修験者(山内修験者)と

山麓修験者(妻帯修験者)

末派修験者とあります。

 


 清僧修験者は羽黒山神域から生涯一歩も出ず、妻帯はもちろん肉魚食を絶ち、精進料理だけで修行を続ける者をいう。一生独身のため、法燈は弟子によって受け継がれました。羽黒山中には清僧修験者の坊が三十三カ所あったといわれ、安政五年の覚書には僧の数五、六百人とあります。明治維新神仏分離修験道宗廃止でこうした坊はことごとく壊され、表参道の二千四百四十六段の石段周辺にある平場が当時の坊跡の名残です。

 


 次に山麓修験者とは、羽黒山山麓に坊を連ね、妻帯して一家を構え修験道に精進する山伏のこと

山麓の手向(とうげ)地区には、法燈を親から子へと世襲で受け継ぎ、その血脈を保っている坊が、いまも三十五軒ある。往時は三百に近い坊があって、約四千人の山麓修験者がいたという。こうした山伏は、東北地方は霞(かすみ)場、関東地方は旦那(だんな)場と呼ぶ信者の縄張りを回り、札を配って初穂(祈祷料)をもらった。現在は宿坊と山伏を専業としているのは約二十軒。後はサラリーマンの兼業である。

 


 第三は末派(まっぱ)修験者である。秋の峰入りなど一定の修行を羽黒山で積み、霞状を羽黒山からもらって地域に住んだ。信者のために祈祷、呪術(じゅじゅつ)、悪霊祓いなどを行い生活していた。

 


 現在に残る羽黒の山伏は、神社系と寺院系に分かれます。根は一つで、神仏分離で分かれました。最も大事な修行の一つ秋の峰入りは、神式と仏式の二通りがあり、最近ではいずれも女人禁制を解いて門戸を広げている。

行人、行者は信者から「おんぎょうさま」と呼ばれました。一生不犯の一世行人と妻帯行人がおり、山内での地位は低い。修験道の修行を本格的にやっていないので、山伏とは一線を画していたらしい。地位が低いために、湯殿山の一世行人の中には穀絶ちをして即身仏になり、聖人になるものもいたといわれています。

 


このほかに、太夫というのがいました。大社、名社に出仕し、社領の配当に預かっていた者と、村の社に奉仕した者とがあり、神道的色彩の強い者と修験者的性格の強い者とがいたといいます。

 


【何を調べたいのかなあ】

 


ここまで来て手が止まりました。山岳信仰について、どんなルートでどこを歩き今なお修行の場となっている場所を探すこと。かな?

今回はちょっと時間がかかってしまいました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ
にほんブログ村

山岳信仰

f:id:azamibrog:20210522101336j:image

 

日本の神道を考えるなら、山岳信仰にも目を向けないとなりません。

山岳信仰には、火山系、分水系、葬所系に分類されているようです。

 


私の田舎でも、講という単位で毎年県外の神社に出向き、祈祷を受け、お札を持ち帰っていました。地元でも数軒だけが講に加入していたのですが、お札を納めるまでは、一切会話してはいけないとか、厳しいルールがあったようです。

 


父が亡くなり、母の代になり、講は解散したようですが、残念なことに、どこの神様をなんのために信仰していたのか、忘れてしました。

 


ただ山岳信仰で対象の神様は関東近県、神社か宿坊に一泊していました。バスで何台も連ねて来ていたのを見たと話しには聞いています。そんなこんなで、一代前まで続いていた信仰は、私の代で途絶えてしまいました。今頃になって、ちょっと調べれば、思い出せるかもしれないと、調べはじめました。

 


山梨であれば、富士山かと考えますが、富士山ではありません。どうやら、霊山を信仰の対象としていたのではないだろうか、かすかな記憶を頼りに山岳信仰を調べてみようと思います。

 


日本三霊山は、富士山、白山、立山があります。また、恐山、比叡山高野山日本三大霊山、または三大霊場とされています。

 


いずれかの系統ですが、手がかりは、地元の山の中腹の祠にお札を納めていたのは確かです。

長い石段を登った先で、地元には管轄神社がないのではないかと思われます。講は最後に七件が残り、一年に一度、二件が参拝に行くのですが、七件では、三年に一度参拝に出かけなければならず、負担が増えたのを理由に解散しました。

 


そこまでは分かっているのですが、郷土史でも講の記載はなく、今調べないと、脈々と繋がれていたものが、終わってしまう。せめて、なんの神様をなんのために信仰していたのか知りたいのです。

 


これまでは、神社の系統を調べて来ましたが、次回からは山岳信仰に移ります。

 

azamiの趣味】

古布でお守り袋を作りました。

 

神社や神様を調べてきましたが、ここで、お守り袋を作ることにしました。

f:id:azamibrog:20210522101658p:image
f:id:azamibrog:20210522101643p:image
f:id:azamibrog:20210522101614p:image
f:id:azamibrog:20210522101628p:image

まずはちりめんや正絹古布を使ってみました。

チクチク、そう裏付きです。

時間はかかりますが、楽しいです。

基本的に小さなものが好きなので、お守り袋も楽しい。

f:id:azamibrog:20210522104445j:image

こちらは、お守り袋に使う二重叶結び。

元々不器用な私としては、最初のひとつを作るのに、かなり時間がかかりました。

紐結びだけでも、種類がたくさんあります。

かなり、楽しい作業です。ああ、やりたいことが、また出てきてしまいました。

 

毎日忙しく引き篭もり生活しています。

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ
にほんブログ村

 

 

水天宮

 f:id:azamibrog:20210518200446j:image

 

福岡県久留米市

全国の水天宮総本社

祭神 天御中主神安徳天皇高倉平中宮二位の尼

 

天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)と12世紀の壇ノ浦の戦い崩御した安徳天皇および平家一門を祀ります。

壇ノ浦の戦いで生き延びた按察使局伊勢が千歳川(現 筑後川)のほとりの鷺野ヶ原に逃れて来て、建久年間(1190年 - 1199年)に安徳天皇と平家一門の霊を祀る祠を建てたのが始まりです。伊勢は剃髪して名を千代と改め、里々に請われて加持祈祷を行いました。尼御前大明神、尼御前神社、尼御前宮などと呼ばれます。肥後国から、中納言平知盛の次男平知時の子右忠が訪れ、その後嗣としました。

 

赤松家を祖とする摂津有馬家は、応仁の乱の引き金となった嘉吉元(1441)年の嘉吉の乱の後に、有馬の郷(現神戸市北区)に落ち延びて隠れ住み、その土地から姓を取って有馬と名乗りました。


 後年、太閤秀吉に見出され、中央に戻されます。その幸運を授けて下さった有間(有馬)神社のご祭神である天御中主大神のご神徳を代々忘れぬよう、有間神社の社紋である三つ巴を有馬家の家紋としました。
 現在でも、当主にのみ三つ巴の紋を付けることが許されております。

 

久留米藩へ入封、水天宮社殿を造営
大名家としての有馬家は、元和6(1620)年に久留米藩(現福岡県久留米市)二十一万石を拝領しました。
 第二代藩主有馬忠頼公は慶安3(1650)年、当時尼御前大明神と尊称されていた水天宮に対して、城下の筑後川に臨む広大な土地を寄進し、社殿を造営しました。

 

慶長年間に久留米市新町に遷り、慶安3年(1650年)、久留米藩第2代藩主有馬忠頼によって現在地に社殿が整えられ遷座しました。 文政元年(1818年)に久留米藩江戸屋敷に分霊を勧請し、その後明治5年に現在の東京水天宮にご遷座された[1]。 明治元年(1868年)には元神明宮に分霊され相殿に祀られました。

【東京水天宮】

東京都日本橋蛎殻町

 

安産・子授け・ 七五三・初宮・芸能祈願・水難除け

 

文政元年(1818年)9月、9代藩主有馬頼徳が江戸・三田の久留米藩江戸上屋敷に分霊を勧請しました。藩邸内にあったため一般人の参拝が困難でしたが、江戸でも信仰者の多い水天宮への一般参拝の許可を求める伺書を幕府へ提出、幕府のこうした事例は関与しないとの見解を得た上で、同年から毎月5の日に一般開放されました。

有馬家との縁は続いており、2016年現在の宮司有馬頼央は、有馬家の第17代当主です

 

にほんブログ村 その他趣味ブログへ

にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

貴船神社

f:id:azamibrog:20210515043708j:image

総本社は京都市左京区

全国2.000社の水神総本社、450社の貴船神社総本社

社格官幣中社で、現在は神社本庁別表神社

 

創建の年代は不詳、反正天皇の時代の創建と伝えられています。社名の由来は「黄船」によるものとされ、神武天皇の母である玉依姫命が、黄色い船に乗って淀川・鴨川・貴船川を遡って上陸し、水神を祭ったのに始まると伝えられています。

奥宮境内にある「御船型石」は、玉依姫命が乗ってきた船が小石に覆われたものと伝えられています。「気の産まれる根源」が転じて「気生根」になったとも伝わります。

 

白鳳6年(666年)に、最も古い社殿造替えの記録があります。日本後紀に、延暦15年(796年)、東寺の造営の任に当たっていた藤原伊勢人の夢に貴船神社の神が現れ、鞍馬寺を建立するよう託宣したと記されています。

 

延喜式神名帳』には「山城国愛宕郡 貴布禰神社」として記載され、名神大社となっています。

祭神 

奥宮
高龗神(たかおかみのかみ)
船玉神(ふなだまのかみ)

一説には闇龗神(くらおかみのかみ) 玉依姫命(たまよりひめのみこと)も祀られていると伝わっています。
結社
磐長姫命(いわながひめのみこと)
木花開耶姫命(このはなさくやひめのみこと)の姉姫
本宮
高龗神(たかおかみのかみ)
伊奘諾尊(いざなぎのみこと)の御子神(みこがみ)、水の供給を司る神

古来より歴代天皇は干ばつの時には黒馬を、長雨には白馬を奉納して祈願をしていました。後に生きた馬に替えて、馬形の板に着色した「板立馬」を奉納したと伝わります。これが現在の絵馬の原形となったため、貴船神社が「絵馬発祥の社」といわれています。さらに木または紙に描かれた馬の絵によって代用されるようになり、江戸時代に入って個人が小型の絵馬を神社に奉納する習慣が広くする流行することきなりました。

 

貴船神社

群馬県みどり市大間々町

祭神 高龗神(たかおかみのかみ)、オオヤマヅミ神、オオナムチ神

平安時代天暦10年に関東地方でひどい旱魃がありました。その折山城国貴船神社の祭神を分霊し、降雨と五穀豊穣を祈願し叶えられたため、渡瀬川流域の山地に祀られました。1668年に現在地に建立されたと伝わります。

 

【練馬散歩】

f:id:azamibrog:20210515041411j:image

みなさんおなじみのCoCo壱です。

野菜をトッピング、辛さは普通で、ライスは少なめ。多分200gだったか、それでも食べきれない。

 

本当は、スパイシーチキンカレーが好きですが、シーズン限定メニューなのか、見当たらない。

聞けばいいのですが、めんどくさいので、目に入ったものを注文します。

 

さらに、サラダとコーラを注文します。

それにしても、みなさん滞りなくスラスラ注文しますね。

 

ポークカレー、ロースカツトッピングで、5辛、ライス多目、ツナサラダ。あと卵付けといて。

なかなか、お客様の教育が行き届いているようで、スラスラオーダーを取って行きます。だから、その流れを損なわないように、頭で練習してから、注文します。チェーン店って、お店のやり方に客が合わすのですよね。

今更ながらに、スターバックスには入れません。

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ
にほんブログ村